沖縄の海洋情報 マリンレジャー > イノー(礁池)カレンダー

 

  イノー(礁池)カレンダーで自然の水族館を楽しもう!!

  イノーとは、海岸から波が砕けるサンゴ礁のへりの高まりまでの浅い海のことです。

    カレンダーを利用して安全に海洋生物の観察や潮干狩りを楽しみましょう。

【 各月ごとに表示します。 】平成28年3月は ここをクリック
4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 平成29年1月 平成29年2月 平成29年3月

 イノーカレンダーの説明
☆日付の右の数値は干潮の時刻です。 
 時刻が日の出前あるいは日没後の場合は( )が付いています。
☆イノー歩きに適した潮が大きく引く時間帯の目安は以下のとおりです。

  干潮時刻の前後2時間30分〜3時間くらい。(下線付きの日はもっとも大きく潮が引く日)
  干潮時刻の前後2時間〜2時間30分くらい。
  干潮時刻の前後1時間30分〜2時間くらい。
 × 干潮になっても海面があまり下がらない、または日中に干潮時刻とならない日。
   イノー歩きには適しません。

PDF版 半年分をA4にまとめました】
    イノー(礁池)カレンダー(2016年4月〜9月)
    イノー(礁池)カレンダー(2016年10月〜2017年3月)


 イノーカレンダーは那覇港の潮汐情報を基に作成しています。
  ・ 那覇以外の潮汐は、地域により30分程度時間が前後します。
  ・ 詳細な各地の潮汐はこちらの潮汐推算によりグラフで見ることができます。
  ・ イノー遊びに適するのは、干潮時で潮高が100cm以下となる時間帯が目安となります。
 
    イノーで遊ぶ時の注意事項


 @ 強風、波・うねりが高い時は危険です。気象の変化に注意しましょう。
 A津波情報など、緊急の情報を入手する手段を確保しましょう。
  (海上保安庁沿岸域情報提供システムMICS・携帯ラジオ等)
 Bイノー歩きに夢中になって満ちた海に取り残されないよう、
  干潮時刻を過ぎたら陸に戻る
よう気をつけましょう。
  (大潮の頃は潮が満ち始めると急激に潮位が上がってきます。)
 C 一人では泳がないようにしましょう。
  (自己救命策の確保「ライフジャケットの着用」「連絡手段の確保」「118番の有効活用」)
 D子供から目を離さないようにしましょう。
 E 思わぬ所に深みがあるので、十分注意しましょう。
 F リーフカレント という沖への急な流れがあるので注意しましょう。
 G ハブクラゲなどの海洋危険生物に注意しましょう。
 → 海洋危険生物については、下記の沖縄県のホームページをご覧下さい。
(http://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/yakumu/yakumu/uminokikenseibutunituite.html)


☆ イノーとさまざまな海洋生物 一覧図 ☆
     イノーには色々な生物がいます。この一覧表と見比べてください。
 
 美しい自然に触れその大切さを知り、一人一人が「沖縄の美しい海」を未来に残す力になりましょう

このイノーカレンダーに関することは下記へお気軽にお問い合わせ下さい。
第十一管区海上保安本部 海の相談室
電話:098-867-0118(内線2511
所在地:〒900-8547 
那覇市港町2−11−1