沖縄の海洋情報 マリンレジャー > 沖縄 夕日ガイド 沖縄 夕日ガイド

沖縄 夕日ガイド 

自然の豊かな沖縄には、夕日スポットと呼ばれる所が多くあります。いくつかの沖縄の夕日スポットで、夕日の時間と方向をご紹介します。 夕日ガイドでは、どの時期に海に沈む夕日が見られるのかに焦点を絞って紹介しています。

 夕日は西に沈みますが、その沈む方向は、季節により変化します。冬至には最も南寄りの244度方向に沈み、その後、徐々に沈む方向が北寄りに変わり、夏至には最も北寄りの297度方向に沈みます。真西に沈む夕日が見られるのは春分の日と秋分の日になります。
 夕日の沈む方向は、冬至や夏至の頃は日々あまり変化しませんが、春分・秋分の日の頃は、毎日夕日の直径の3分の2ほど方向が変わります。時間も1~2分位変わります。

日の入り(日没)の時刻とは

 日の入り(日没)の時刻は、太陽の上辺と水平線が一致する瞬間の時刻です。
 太陽の下辺や中心が水平線にかかる時刻ではありません。
 ちなみに、日の出(日出)も、太陽の上辺と水平線が一致するときです。 

※  夕日を堪能するには、余裕をもって早めに着くようにしましょう。
   日の入り後は、足下が急に暗くなります。明るいうちに帰りの足下を確認しておきましょう。


  夕日ガイド

沖縄本島の夕日スポット6か所、 宮古島の前浜ビーチ、 石垣島の御神埼など7か所の夕日スポットを紹介します。
   全ての夕日スポットについて、2016年4月~2017年3月の日没時間を再計算しました。

石垣島(平久保埼、川平石埼、 御神埼、 観音埼、 石垣港ササンゲートブリッジ)、 竹富島(西桟橋)、 西表島(月が浜)
  島の北部、西部、南部を紹介します。

与那覇前浜ビーチ(宮古島)
  港の南方にある有名なビーチです。

  海洋博公園(沖縄美ら海水族館)
  夕日の広場のほか、伊江島の城山(タッチュー)に沈む夕日も美しいです。
  万座毛
  沖縄中部の恩納村にある万座毛は、東シナ海の眺望と象の鼻に似た断崖が楽しめます。
  残波岬
  沖縄中部の読谷村にある残波岬は、東側を除いた270度の海が見渡せます。
  北谷 サンセットビーチ
  沖縄中部の北谷町にある北谷公園のサンセットビーチです。
  首里城公園
  首里城公園の隠れた展望台でもある西のアザナからは、夕日に照らされた那覇市街が一望できます。
  豊崎美らSUNビーチ
  那覇市の南隣にある豊見城市の海水浴場です。

グリーンフラッシュ

 太陽は、水平線近くになるとプリズムを通った光のように色ごとに分離します。波長の短い青い光は大気中のちりなどにより散乱し、波長の長い赤い光が多く届くので、夕日が赤く見えます。
 夕日が完全に沈みきる瞬間に、緑色の光が強くなり緑色の太陽が見える、大変珍しい現象が見られることがあります。

 空気がとても澄んでいるほかにも気象条件がそろわないと見られませんが、インターネットには沖縄本島や石垣島で見られたとあります。

 石垣島のサザンゲートブリッジから、西表島に沈む際に見えたグリーンフラッシュを紹介します。
撮影は最近の2013年9月24日もので、「南山舎」に写真を提供していただきました。

 当ページでは、どの時期に夕日が海に沈むかを紹介していますが、沖縄は島に沈む夕日もきれいです。


天文と暦、日月出没計算サービス
 
 海上保安庁では、天文航法用の航海暦として、毎年、「天測暦」、「天測略歴」を刊行しています。
天測暦は、天文航法において船舶の位置を把握するための専用の暦で、太陽、月、惑星の位置や、日月出没時刻等を記載しています。

 日月出没時刻方位サービスでは、任意の場所の日没時刻を計算することができます。


日出没時刻・方向の計算画面  

お気軽にご相談下さい! 海の相談室

第十一管区海上保安本部 海洋情報監理課「海の相談室」
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN11/index.html

 098-867-0018(内線2511)