海の相談室:瀬戸内海の範囲

瀬戸内海の範囲は、本州・四国・九州に囲まれた海面ですが、いくつかの法律に より定められています。

但し、法律の目的により定められている範囲が多少異なっています (以下引用にあっては、一部漢数字を算用数字に直しています)。

領海及び接続水域に関する法律施行令(昭和52年6月17日 政令第210号)

領海及び接続水域に関する法律施行令による瀬戸内海の範囲
  • 紀伊日ノ御埼灯台(北緯33度52分55秒、東経135度3分40秒)から蒲生田岬灯台(北緯33度50分3秒、東経134度44分58秒)まで引いた線
  • 佐田岬灯台(北緯33度20分35秒、東経132度54秒)から関埼灯台(北緯33度16分、東経131度54分8秒)まで引いた線
  • 竹ノ子島台場鼻(北緯33度57分2秒、東経130度52分18秒)から若松洞海湾口防波堤灯台(北緯33度56分28秒、東経130度51分2秒)まで引いた線

海上交通安全法施行令(昭和48年1月26日 政令第5号)

海上交通安全法施行令による瀬戸内海の範囲
  • 紀伊日ノ御埼灯台から蒲生田岬灯台まで引いた線
  • 佐田岬灯台から関埼灯台まで引いた線
  • 関門海峡東口(関門港内を除く)

漁業法施行令(昭和25年 政令第30号)

漁業法施行令による瀬戸内海の範囲
  • 和歌山県紀伊日ノ御埼灯台から徳島県伊島及び前島を経て蒲生田岬灯台に至る直線
  • 愛媛県佐田岬灯台から大分県関埼灯台に至る直線
  • 山口県火ノ山下潮流信号所から福岡県門司埼灯台に至る直線

瀬戸内海環境保全特別措置法(昭和48年10月29日 政令327号)

瀬戸内海環境保全特別措置法による瀬戸内海の範囲
  • 和歌山県紀伊日の御岬灯台から徳島県伊島及び前島を経て蒲生田岬に至る直線
  • 愛媛県高茂埼から大分県鶴御埼に至る直線
  • 山口県特牛灯台から同県角島通瀬埼に至る直線、同埼から福岡県妙見埼灯台に至る直線