大潮・中潮・小潮・長潮・若潮ってなあに?


 昔から海を生活の場としてきた漁師さんや、海で釣りをする人の間では、潮の満ち引きの大きさなどの状態を表現する用語として、大潮・中潮・小潮・長潮・若潮と言う言葉が良く用いられています。
 潮の干満は、月や太陽などの引力によって引き起こされるものです。特に地球に一番近い距離にある「月」の運動が潮の干満に大きく影響しています。この「月」を基準として作られた暦の「旧暦」と「新月」や「満月」等の「月の形状」を基準として、大潮・中潮・小潮・長潮・若潮の用語の区分けをすると次のようになります。

旧暦 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
月の形状
新月新月  上弦上弦 満月満月  下弦下弦
潮の呼称 大潮 大潮 中潮 中潮 中潮 中潮 小潮 小潮 小潮 長潮 若潮 中潮 中潮 大潮 大潮 大潮 大潮 中潮 中潮 中潮 中潮 小潮 小潮 小潮 長潮 若潮 中潮 中潮 大潮 大潮


〔用語の説明〕

大潮
潮の干満差の大きい状態で、新月(旧暦の1日頃)や満月(旧暦の15日頃)の前後数日間のことです。

中潮
大潮と小潮の間の期間で、旧暦の3〜6日、12〜13日、18〜21、及び27〜28日頃のことです。

小潮
潮の干満差の小さい状態で、月の形状が半月になる上弦(旧暦の8日頃)や下弦(旧暦の22日頃)の前後数日間のことです。

長潮
上弦、下弦を1〜2日過ぎた頃、干満差が一段と小さくなり、満潮・干潮の変化がゆるやかでだらだらと長く続くように見える小潮末期(旧暦の10日と25日)のことです。

若潮
小潮末期の「長潮」を境に大潮に向かって、潮の干満差が次第に大きくなってきます。このように潮が再び大きくなる状態を「潮が若返る」と言い、長潮の翌日を「若潮」と呼んでいます。

戻る