海の深さ(海図の水深)の基準はどこかな?

 海底の様子は、陸上と違い直接目で見ることはできません。 しかも海面は潮の満ち引きにより常に変動しており、広島港では最大4mの干満差があります。 そこで変動している海面のあるところを水深の基準面(水深0m)と決めて、そこからの深さを海図の水深にしています。
 日本の海図では、その地域で潮が最も下がった面、つまり海面がもうこれ以上下がることがまれと考えられる面を 水深の基準面(水深0m)としており、この面を「最低水面」と呼んでいます。 このことは海図が船舶航行の安全を図るという立場から作られていることと関係があります。

 また、潮が最も高くなった状態の海面を「最高水面」と呼んでおり、この面と陸地が接する境界線が「海岸線」となります。 これに対し最低水面と陸地が接する境界線を「低潮線」といい、領海の範囲を決める基線として用いられます。
 そして、第3番目の面が潮汐観測にもとづき算出した「平均水面」です。平均水面は、陸上の高さの基準面になります。
干満時の海面