海岸線の長さは?


 瀬戸内海は、本州・四国及び九州に囲まれ、その中には周囲100m以上の島が大小727もあり、非常に複雑な海岸線となっています。 今回は、地図を使用して海岸線を測定する方法等について解説します。ではどのような地図を用意すればよいか、広島湾北部の大奈佐美島付近を例に説明します。

図1
縮尺120万分の1の海図です。海岸線の表現は簡略的なもので、小さな島などは記載されていません。この程度の縮尺の図で海岸線の長さを求めるのは、適切ではありません。

図2
縮尺25万分の1の海図です。大奈佐美島など小さな島も記載されており、海岸線の表現もかなり詳しくなっています。この程度の縮尺であれば、概略的な海岸線の長さを求めることができます。

図3
縮尺2万5千分の1の海図です。島の回りの詳細な部分まで表現されており、正確な海岸線の長さを求めることができます。
 このように、地図の縮尺によって海岸線の表現の違いがありますので、正確な海岸線の長さを求める場合には、より大縮尺の地図を使用することが必要です。 但し、大縮尺の地図を使用するということは、小縮尺の地図に比べてより多くの地図を必要としますので、当然測定する手間も大変にかかります。

下表は、昭和61年に海上保安庁で測定した海岸線の長さの全国ベストテン及び島の数です。 この表から、海岸線の長さは、都道府県の大きさと島の数にほぼ比例していることがわかります。 瀬戸内海に面した県では、島の数の多い愛媛・山口・広島の3県がこの中に入っています。 ちなみに海に面していない栃木・群馬・埼玉・山梨・長野・岐阜・滋賀及び奈良の8県では、当然海岸線はありません。

図1 海図1072号
図1 海図1072号(1/120万)
図2 海図142号
図2 海図100B号(1/25万)
図3 海図113号
図3 海図113号(1/2万5千)
海岸線の長さトップ10
 順位  都道府県名  海岸線距離  島の数
1  北海道 4,377km 508
2  長崎県 4,137km 971
3  鹿児島県 2,722km 605
4  沖縄県 1,652km 363
5  愛媛県 1,533km 270
6  山口県 1,398km 249
7  広島県 1,113km 142
8  三重県 1,105km 233
9  熊本県 1,068km 178
10  宮城県 846km 311

戻る