瀬戸内海の海の深さは?


 無数の島嶼を浮かべ多島的景観を誇る東洋のエーゲ海と言われる瀬戸内海の平均水深はいくらでしょうか?
 瀬戸内海は、本州、四国、九州に囲まれ、東は友ケ島水道及び鳴門海峡、西は関門海峡、南は速吸瀬戸の4つの海峡、水道、瀬戸によって外海に通じており、長さは東西約450km、南北15〜55km、面積は約19,700平方kmで、ほぼ四国の面積に匹敵しています。 下の図は、領海法による瀬戸内海の範囲と各海域名です(瀬戸内海の範囲の詳細は14に掲載)。
 平成4年、六管本部水路部が日本海洋データセンターのデータに基づき計算した結果では、瀬戸内海の平均水深は31mとなっています。 表1には、海域別の平均水深を掲げました。 水深の分布は、10m〜30mの水深が一番多く分布しています。
 では、瀬戸内海で最も深いところはどこにあるのでしょうか? 水深が100mを越える海域は、海峡、瀬戸、水道等の区域に多く存在します。 表2に海図、海底地形図等により調査した各海峡、水道等の最深部の水深を掲げました。 これによると、豊後水道北口にある速吸瀬戸が、瀬戸内海で一番深いところです。 前述のように瀬戸内海は、浅いところが多く、水深が70m以浅の海域が全体の約98%を占めています。

番号にマウスカーソルを載せてみてください。名前と深さが表示されます。



表1   海域別の平均水深

 海    域    

 平均水深

 周防灘 

21m

 伊予灘 

50m

 安芸灘 

27m

 燧灘 

20m

 備後灘 

16m

 備讃瀬戸 

15m

 播磨灘 

25m

 紀伊水道 

44m

 大阪湾 

29m

平 均 

31m
表2   深所のベスト10

 番号

 地   名    

 水   深

@ 

 速吸瀬戸 

465m

A 

 鳴門海峡 

217m

B 

 友ケ島水道 

167m

C 

 怒和島水道 

157m

D 

 クダコ水道 

154m

E 

 明石海峡 

148m

F 

 釣島水道 

146m

G 

 来島海峡 

162m

H 

 諸島水道 

129m

I 

 猫瀬戸 

128m

戻る