海上保安庁海洋情報部

の動き

 


相模湾における観測

相模湾海域 伊豆大島と三浦半島荒埼に設置の海洋短波レーダー(24MHz)により観測したものです。観測は1時間毎に観測しています。空間分解能は1.5Kmメッシュで観測結果を表示しています。
観測範囲の内、水色の部分は流況の表示範囲、赤色の網掛けは波高の表示範囲です。
実際のデータや図をご覧になるには、上のタブをクリックしてください。
海洋レーダの外観写真:荒埼局
海洋レーダの外観写真:大島局
海洋レーダの外観写真:制御機

観測範囲

伊豆諸島における観測

伊豆諸島
海域
八丈島と房総半島野島埼に設置の海洋短波レーダー(5MHz)により観測したものです。
観測値は3時間毎に更新されます。空間分解能は10Kmメッシュで観測結果を表示しています。
観測局のある八丈島と野島埼を結ぶ直線付近の海流は、内挿により補間したものです。
観測範囲の内、水色の部分は流況の表示範囲です。

実際のデータや図をご覧になるには、上のタブをクリックしてください。

観測範囲

データ利用などについて

短波レーダーによる観測値には不良データが含まれることがあり、現実と異なる流速が表現されることがあります。使用には十分注意してください。
日本近海の海況については、本庁発行海洋速報&海流推測図を、関東周辺の海況については第三管区発行海洋速報をご覧ください。

なお、本ウェブページはInternetExplorer8及び9に対応しています。

※2012年4月17日(火曜)12時のデータより、流況(速度)と波高(高さ)の表示色のスケールを変更しました。

お知らせ

お知らせはありません。