東京湾環境一斉調査
Tokyo Bay General Survey for Water Environment



「東京湾水質一斉調査」は平成25年度より
「東京湾環境一斉調査(東京湾における流域および海域の環境一斉調査)」
へと名称を変更いたしました。

底層DOの様子
new
平成26年度東京湾環境一斉調査 調査結果報告書
を掲載しました


(PDF ファイル   約6 MB)
8月6日(水)に予定されていた平成26年度東京湾環境一斉調査は天候不良のため、予備日:9月3日(水)に延期しました。




調査の様子

   東京湾は後背地に2,700万人の人口を抱え、依然として都市活動の負荷による富栄養化の傾向が見られ、夏季には、赤潮や青潮、貧酸素水塊が発生する状況にあります。
   しかしながら、赤潮や青潮の発生メカニズム、貧酸素水塊の分布など東京湾全体にわたる汚濁状況や汚染メカニズムについては、十分には把握されていません。
   そのため、東京湾再生推進会議モニタリング分科会(国の関係省庁および八都県市で構成)は、有識者からなる研究会の「政策助言」を踏まえ、平成20年より「東京湾水質一斉調査」を実施しています。
 平成25年度からは「東京湾環境一斉調査」へ名称を変更し、水質だけでなく生物を含めた東京湾の環境モニタリングを実施しています。



平成 26年度東京湾環境一斉調査は、東京湾の海域または流域河川における
ヾ超調査 ∪己データ収集 4超保全啓発活動
について、実施してゆきます。

1. 実施日


平成26年8 月6 日(水)(予備日:平成26年9 月3 日)
なお、実施日の前後に実施された調査についても対象としています。

2. 調査内容について


ヾ超調査
海域:溶存酸素量、水温、塩分、透明度
河川等:化学的酸素要求量(COD)、水温、流量、溶存酸素量

∪己調査
平成26年4月〜9月に実施された水生生物に関する調査(内容・対象種不問)

4超啓発活動等のイベント
平成26年7月〜9月における、水環境改善に関する普及啓発活動等のイベントの実施  

調査の様子 底層DOの様子
過去の東京湾水質一斉調査の結果
平成20年度 東京湾水質一斉調査の結果
平成21年度 東京湾水質一斉調査の結果(速報)
平成22年度 東京湾水質一斉調査の結果
平成23年度 東京湾水質一斉調査の結果
平成24年度 東京湾水質一斉調査の結果
平成25年度 東京湾環境一斉調査の結果