海洋情報部トップ > 海の情報 >潮汐表第2巻

「潮汐表 第2巻」の廃刊について

 海上保安庁が刊行している潮汐表は、昭和45年版から平成30年版まで、日本及び付近の主な港について記載した第1巻と太平洋及びインド洋の主な港について記載した第2巻という2巻構成で発行して参りました。沿岸各国は基本的に自国沿岸の潮汐表を発行しますが、海上保安庁では日本人船員の利便性のために、各国から潮汐情報を入手し潮汐表 第2巻として発行してきました。
 近年、外国の潮汐表の入手が容易になったこともあり、潮汐表 第2巻は平成29年9月に発行した「平成30年 潮汐表 第2巻」を最後に廃刊することとしました。
 平成31年版については、日本及び付近の主な港について記載した「平成31年 潮汐表」の1巻構成になります。
 潮汐表 第2巻が記載していた内容は、各地点の沿岸国や英国、米国がそれぞれ刊行している潮汐表に記載されています。地点毎の対応を次のページにまとめましたので必要に応じて参照願います。

   太平洋及びインド洋の主要な港の潮汐情報
   http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TIDE/tyosekihyo/tidetables2.html

 その他、不明な点等ございましたら、海洋情報部 環境調査課まで電話(03-3595-3609)または 問い合わせフォームまでご連絡をお願いします。