海洋情報部トップ > 海の情報

海の情報

海洋台帳

海洋情報のビジュアル化

 海洋に関する様々な情報をユーザーが自由に地図上に重ね合わせて表示できるツールです。政策に限らず、民間企業や研究機関から一般市民まで、誰でも自由に使用でき、海について理解を深めることができます。

海洋情報クリアリングハウス(マリンページ)

海洋情報の所在検索

 国内の海洋関係機関がそれぞれ保有している海洋に関する様々なデータや情報について、その概要や入手方法といった所在情報をデータベース化しています。ユーザーはインターネットを通じてその所在情報を検索することができます。

日本海洋データセンター(JODC)

我が国の総合的海洋データバンク

 日本海洋データセンター(Japan Oceanographic Data Center : JODC)は、国内の海洋調査機関によって得られた海洋データを一元的に収集管理し、広くユーザーに提供する我が国の総合的な海洋データバンクです。インターネットを通じたデータの閲覧・取得も可能です。

管轄海域情報 ~日本の領海~

日本の領海、接続水域、排他的経済水域

 領海、接続水域、排他的経済水域といった我が国の管轄海域を分かりやすく解説するとともに、法律の条文、特定海域や直線基線に関する図、日本の領海等概念図等を公開しています。

図-海洋速報
海洋速報

海洋速報&海流推測図

 日本周辺の海流や水温の現況を表した海洋速報を公開しています。また、毎週金曜、黒潮など日本周辺の海流の今後の動きを推測する海流推測図を公開しています。

図-来島海峡潮流情報

来島海峡潮流情報

 潮流シミュレーションに基づいた、任意の時刻における来島海峡の潮流の速さ・向きの分布を図示できます。動画で1日分の潮流の変化をご覧いただけるほか、スマートフォン等からアクセスされる場合には、潮流図内に現在地の表示もできます。


海洋短波レーダー(相模湾・伊豆諸島周辺)

 海洋短波レーダーとは、陸上に設置されたアンテナから海面に向かって短波帯の電磁波を送射し、その反射波から海の流れや波浪を測定する機器です。海上保安庁では、伊豆諸島付近を観測する野島埼-八丈島局で流れの観測を行っており、相模湾を観測する大島-荒崎局にて流れと波高の観測を行っています、その観測結果を野島埼-八丈島局では3時間毎、大島-荒崎局では1時間毎に公開しております。

図-リアルタイム験潮データ
リアルタイム験潮データ

リアルタイム験潮データ(全国潮位情報)

 海上保安庁所管の20箇所の験潮所及び気象庁所管の73箇所の験潮所で観測した潮汐のデータをリアルタイムに表示します。

図-潮汐の推算
潮汐の推算

潮汐推算

 日本全国数百カ所の潮汐を推算します。西暦元年から2100年のまでの間であればどの年月日でも可能です。

図-潮流の推算
潮流の推算

潮流推算

 東京湾、伊勢湾、瀬戸内海、九州南部及び沖縄の任意の日時(西暦元年~2100年)の潮流を推算します。

図-東京湾リアルタイム観測
東京湾リアルタイム観測

東京湾リアルタイム水質データ

 東京湾の汚染メカニズムの解明の為、東京湾千葉灯標においてモニタリングしている 水温、塩分、溶存酸素、クロロフィルa、濁度、流向・流速、海上の風向・風速をリアルタイムに公開しています。
 公開データは、2003年3月から現在までのデータです。

【注意】
 本サイトは、JAVAを使用しています。ブラウザーのセキュリティレベルの設定が「高」の場合表示されません。設定を「中以下」に設定してご利用ください。


衛星画像

地球観測衛星画像データ

 日本沿岸の閉鎖性海域について、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から入手している地球観測衛星(Terra/Aqua)のデータを公開しています。このクロロフィルaの濃度からは、赤潮の発生状況などが推測できます。
 公開データは、過去30日分のデータです。

図-海氷情報
海氷情報

海氷情報センター

 海氷速報や、写真集、海氷に関する知識を掲載しています。

図-人工衛星レーザー測距
人工衛星レーザー測距

天文・暦情報

 海上保安庁では、船舶の航行に用いられる航海暦(天測暦・天測略暦)を作成しています。
海洋情報部ではこれらの暦作成及び測地観測を行っています。ここでは、測地観測により得られた成果等について紹介します。

日出没・月出没計算サービス
初日の出情報

大規模流出油関連情報(ESIマップ等)

 沿岸域の様々な情報(地理情報、自然情報、社会情報、防災情報等)を利用目的に応じて表示、取得することができます。


GPSアンテナ

地殻変動・GPS連続データ提供サービス

 全国27ヶ所のディファレンシャルGPS(DGPS)局及び全国8ヶ所の地殻変動監視局におけるGPS基準点の観測データを解析して地殻変動の監視を行っており、その成果を地震予知連絡会等に報告しています。

 この観測によるデータ(干渉測位用搬送波位相データ)は、一般の調査研究等に広く利用することができるため、以下の要領でデータ提供サービスを行っています。
図-海底地殻観測概念図
インド洋津波の被災地の状況
ジャプラニール(市民による海外協力の会)提供

津波防災情報(シミュレーション)

 海域で発生が想定される地震により引き起こされる津波について、当庁で保有する詳細な海底地形データを基に、津波シミュレーションを行って、港湾や沿岸域の津波の挙動を明らかにしました。この津波シミュレーションの結果を津波防災情報図や津波アニメーションとして公開しています。

図-海底火山
海底火山

海域火山データベース

 各海域火山の概要、海底地形図、火山の写真、活動記録等を閲覧できます。

図-海底地形図
伊豆・小笠原海溝

プレート境界域の海底地形

 プレートの運動と地震は密接に関係しています。プレート境界(海溝)ではプレート同士が押し合い地震発生の原因となります。ここでは、日本周辺のプレート境界付近の海底地形を立体的に図示し、さらに浅発地震の震央分布と結び付けた図によってプレートと地震の関係が推測されます。

図-海図記載名称

離島の海図

排他的経済水域の外縁を根拠付ける離島のうち、無名であった39島の名称が決定し海図に記載されました。