§潮(大潮・長潮・若潮・・・)の名前?

 海で仕事をしている人々は、潮の干満は生活の一部でした。そこで、経験的

に潮の変化を知り、「大潮・長潮・若潮」等の名前(潮名)が付けられ現在も

使われているものです。


 地域の生活の中で生まれた名前ですから、地方により色々と決め方があるよ

うですが、新聞等でなじみの漁業者や釣り船関係者の間で主に使用されている

潮名は次の通りです。

旧暦(日)

1〜2

3〜6

7〜9

10

11

潮名

大潮 中潮 小潮 長潮 若潮

旧暦(日)

12〜13

14〜17

18〜21

22〜24

25

潮名

中潮 大潮 中潮 小潮 長潮

旧暦(日)

26

27〜28

29〜30

*上段の数字は
 新月から数え
 た日数です。

潮名

若潮 中潮 大潮

 

  大潮−−潮の干満の差が大きい状態で、新月(旧暦の1日ころ)や
      満月(旧暦の15日ころ)の前後数日間のこと

  小潮−−潮の干満の差が小さい状態で、月の形状が半月となる上弦
      (旧暦の8日ころ)や下弦(旧暦の22日ころ)の前後数
      日間のこと

  中潮−−大潮と小潮の間の期間で、旧暦3日〜6日、12日〜13
      日、18日〜21日ころのこと

  長潮−−上弦・下弦を1〜2日過ぎたころ、干満の差が一段と小さ
      くなり、満潮・干潮の変化がゆるやかで、だらだらと長く
      同じ潮の状態が長く続くように見える小潮末期(旧暦の
      10日と25日)のこと

  若潮−−小潮末期の長潮を境に大潮に向かって、潮の干満差が次第
      に大きくなっていく、このように潮が再び大きくなる状態
      を「潮が若返る」と言うことで、長潮の翌日を若潮と言っ
      ている。


 なお、ここで説明した潮はあくまでも大まかな目安であり、場所と日時に

よって潮の干満差が異なります。

 正確な潮の時刻と高さの予報値は、海上保安庁海洋情報部で編集しています

   「潮汐表第一巻 日本及び付近」(書誌第781号)

に掲載されていますのでご利用下さい。