海図150年特設ページ

記念講演会は開催終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

 海に囲まれた我が国は、古くから漁業や貿易など「海」を通じて、様々な活動をおこない、多くの恩恵を受けてきました。このような活動は、船を利用することが 多く、その安全には「海図」が不可欠です。
 海図を刊行してから『150年』の節目を迎えるにあたり、広く国民の皆様が海図の重要性や、ここ沖縄の美ら海から受ける恩恵について理解を深めて頂くため、「島人ぬ美ら海の話」をテーマに、専門家による特別講演のほか、明治初期の沖縄 の海図等についての講演会を行います。

 皆様のご応募お待ちしております。

  講演会ポスター

記念講演会について 〜島人ぬ美ら海の話〜

1.日時

  令和3年11月30日(火) 13:30〜17:00 (受付開始 13:00〜)

 13:00  受付開始

 13:30  開会挨拶 第十一管区海上保安本部長 一條 正浩(いちじょう まさひろ)

 13:40  『美ら海の複雑な流れ』
 〜14:30  沖縄科学技術大学院大学准教授 御手洗 哲司(みたらい さとし)

 14:40  『琉球弧および周辺海底の地質と地球物理〜海上保安庁の成果を中心に〜』
 〜15:30  琉球大学理学部教授 古川 雅英(ふるかわ まさひで)

 15:40  『うちなー海図とこれから〜美ら海150年を歩んで〜』
 〜16:30  第十一管区海上保安本部海洋情報企画調整官 山本 正(やまもと ただし)

 16:30  総合質疑

 16:50  閉会挨拶 第十一管区海上保安本部次長 藤田 雅之(ふじた まさゆき)



2.場所

  沖縄県立博物館・美術館 講堂(3階) (詳しいアクセス方法はこちらをクリック


3.定員

  100名(要事前申込み、先着順)

4.料金

  無料

5.申し込み方法(電話またはメール)

  〜受付終了しました。〜

注意事項


 講演会場の駐車場については、沖縄県立博物館・美術館の駐車場をご利用できますが、他のイベントと重なっているため、来場の際には極力公共機関をご利用ください。
 新型コロナウィルス感染拡大防止対策や荒天等の影響で中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。
 中止となった場合は本WEBサイトに中止の旨掲載いたします。

コロナ対策について

新型コロナウィルス感染症の予防・拡大防止のため、以下の取り組みを行っております。皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。


 当日はマスクの着用をお願いします。発熱等の症状がある方は来場をご遠慮ください。
 受付時に手指の消毒、検温、連絡先の確認等をさせていただきます。マスクを着用していない場合や検温の結果により入場をお断りさせていただく場合がございます。
 連絡先については、一定期間保管した後、適切に廃棄いたします。
 館内では、大きな声を出しての会話はお控えください。

戻る−