『海図図式』について

海図には、目では見えない海の深さ(水深)、船の錨を入れるときに必要な岩・砂・泥などの海底の底質、岩・砂・崖・護岸など海岸の種別、航海の目標となる煙突・建物・山などの陸域の状況のほか、道しるべとなる灯台や灯浮標(航路標識)、法律で定められた船舶の通り道(航路)、船舶の進入禁止の海域(航泊禁止区域)、停泊するために錨を入れる海域(錨地)など船舶が安全に航行するために必要な情報が記載されています。

距離と高さの基準

A:

海里(マイル)
1海里(マイル)は、その地の緯度1分の長さをいいます。なお、国際海里は、1海里(M)=1,852mを使用します。
水深
水深の基準は、その場所の最大干潮時の水面である最低水面を採用しています。つまり、海図に記載されている水深は、潮が引いてもその水深より浅くなることはほとんどありません。
海図上の海岸線
海岸線は、最大満潮時の水面である最高水面を基準とし、この海面が陸地と接する線のことをいいます。
灯台・山や島の高さ(標高)
灯台の高さや標高はその地の平均水面(潮の満ち引きがないと仮定したときの海面)からの高さで表示します。
橋・架空線の高さ
橋や架空線の高さは、最高水面を基準としています。

水深・高さの基準面一覧

水深・高さの基準面一覧

   


海図に使われている主な記号

A:

記号意味備考
石浜
砂浜
架空線数字は最高水面~最低下垂部までの高さ
クレーン左から固定式クレーン、移動式クレーン、コンテナクレーン
灯台
灯浮標
沈船左から船体が露出した沈船、危険な全没沈船、危険のない沈船
海流数字は流速(単位はノット)
上げ潮流・下げ潮流数字は大潮期の流速(単位はノット)

主な底質記号

A:海底の状況をアルファベットの頭文字で表示しています

記号意味
砂(Sand)
泥(Mud)
礫(Gravel)
石(Stone)
岩(Rock)
Coさんご(Coral)
Sh貝がら(Shell)
Cy粘土(Clay)
S M Sh底質が混合している場合、主なものから記載されています