水路図誌について ~航海用海図とは?~

海上保安庁では、航海用海図、海の基本図、特殊図、航空図、特殊書誌など色々な図誌を刊行しています。  これらの水路図誌についてご理解いただくために、航海用海図についてご紹介します。

Q:航海用海図とは?

A:

航海用海図は海の案内図であり、船舶の航海の安全および経済的運航を図るうえで必要不可欠なものです。

従って図の内容が現状と相違しないよう毎週発行する水路通報により、常時最新の 状況に維持するようになっています。

また、全世界測位システム(GPS)に対応できるよう、全ての航海用海図が世界測地系(WGS84)で編集されています。

航海用海図は、その縮尺によって次の5種類に分類されています。

  

総図
きわめて広大な海域を収めたもので、縮尺が1/400万以上のものをいいます。総図は長途の航海に使用され、主として航海計画立案用に用いられます。
航洋図
長途の航海に用いられ、沖合の水深、主要灯台の位置等が図示してあり、縮尺1/1 00万~1/400万分のものをいいます。日本近海を、1/120万、1/250万でカバーしています。
航海図
陸地の見える範囲の沖合いを航海する時に使用するもので、船の位置などを陸上の目標物により決定できるように表現されています。縮尺は1/30万~1/100万です。 日本沿岸を、縮尺1/50万の図でカバーしています。
海岸図
沿岸を航海する時に使用するもので、水深・地形・目標物などが詳細に描かれてあり、 縮尺は1/5万~1/30万の図です。日本沿岸を、1/20万または1/25万の図でカバーしています。
港泊図
縮尺が1/5万より大きい図で、港湾の出入港・停泊時に使用するもので、港湾内の水深・ 地形・港湾施設・泊地、錨地、漁港、水道などの状況が詳細に描かれています。

海図の種類