形等の特性

東京湾(狭義)における港と主な流入河川のイメージ

京湾は、西側を三浦半島、東側を房総半島、北側を関東平野に囲まれた海域で、浦賀水道を通じて太平洋と接しています。広義の東京湾は、三浦半島南東端の釼崎(神奈川県三浦市)と房総半島南西部の州崎(千葉県館山市)を結ぶ線以北とされており、南西約30km、南北約80km、湾域の面積は約1、400kuとなっています。狭義の東京湾は三浦半島の観音崎(神奈川県横須賀市)と房総半島の富津岬(千葉県富津市)を結ぶ線以北とされています(以降、内湾と表記)。内湾は、平均水深が15m程度と浅く、ふたつの岬は間隔が約7kmと狭くなっており、外海との海水交換が悪くなっています。
また、東京湾流域は、東京都と埼玉県の大部分、神奈川県と千葉県の一部からなっており、面積が約8、000ku、南東方向に細長い形をしています。東京湾には、多摩川、荒川、鶴見川等の1級河川の他、多くの河川が流入しています。


東京湾の水環境の現状(第一期期末評価時点)【PDF:2.3MB】

東京湾の水環境の現状(第一期第2回中間評価時点)【PDF:2.3MB】

東京湾の水環境の現状(第一期第1回中間評価時点)【PDF:591KB】

東京湾アンケートの結果