海洋情報部トップ > 海洋情報部について >海洋情報部関連の施設等 > 海上保安庁の測量船 > 測量船WEB一般公開 > 「平洋」搭載装備 > 超音波流速計

超音波流速計(ADCP:Acoustic Doppler Current Profiler)

超音波流速計とは

 超音波パルスを発信し、水中に浮遊している物体(プランクトン等)から反射した音波の
ドップラーシフトを検出して、海水の流向・流速が得られる観測機器です。
 得られた成果は、海洋速報等の航海安全情報として活用し、関係機関にも共有しています。



超音波流速計の仕組みとその成果

 船底に設置した発信器から船の前後、左右の4つの方向に超音波を発射すると、一定の距離(時間)で反射した音波は水中に浮遊している物体(プランクトン等)に反射して4つのセンサーに戻ってきます。
 物体が流れに乗って移動するため、反射した音波はドップラー効果により、周波数が変化し、この変化を解析することで、流れの方向と速さが求められます。
 
(観測成果の例)
 矢印の向きは海流の流れる向きを、矢印 の長さは流れの速さを示しています。