観測で何が分かる?

  下里水路観測所をはじめとする世界各国のレーザー測距観測のデータにより、地球重心(中心)の精確な位置が求まります。また、GNSS(※1)やVLBI(※2の)観測データなどを組み併せることで地球の姿勢(自転軸の方向)、大きさや形なども精度良くわかります。これにより、地球にかける緯度経度の網(測地系)を正確に決めることができます。
  そのうえで、測量船や測量機器等を使用して測量(水路測量)を行うことにより、日本海域周辺の水深や岩礁、海岸線等の位置を測り、海図を作製し、航海の安全を図るとともに、それを基に領海や排他的経済水域の画定にも役立てています。
  地球上で精確な位置を知るためには測地系を維持管理することが不可欠ですが、プレート運動や地殻変動でダイナミックに変動していることから継続して観測を行う必要があります。
  下里水路観測所では、人工衛星レーザー測距観測だけでなく、ごく近傍でGNSS観測も並行して行うことで、精度の維持を図っています。
  また両観測の結果は海上保安庁海洋情報部で解析され、地震予知連絡会などにも提供されており、地震・防災に対しても役立てられています。
  
SLR GNSS
  
    ※1 GNSS : GPS、準天頂衛星、GLONASS、Galileo等の測位衛星
    ※2 VLBI :天体からの電波を利用して、複数地点間のアンテナの位置関係を測定

過去の成果

  かつて日本の海図は日本測地系という日本独自の基準により作成されていたため、世界測地系の海図とズレが発生していました。同じ場所に居ても地図上では違う場所にいることになってしまいます。

☆測地系の違いによるずれ☆ ☆測地系に関して☆
(イメージです。実際のズレの量は各地で異なります。) (地球の画像の出典:NASA's Goddard Space Flight Center)
実際の地球はでこぼこしており、球ではありません。そこで似たような形の楕円体を地球と見立て、その中心を原点として任意の位置を座標で表すシステムを測地系といいます。


  そこで観測結果を用いて日本の海図を日本測地系から世界測地系へと移行させ、日本の海図を世界基準に合わせました。これにより日本の海図と世界の海図とで地図上のズレが無くなり、船舶航行の安全が確保されるようになりました。
 
 
参考: 日本列島の精密位置(海上保安庁海洋情報部のページに飛びます)
   : 地震調査委員会等提出資料(海上保安庁海洋情報部のページに飛びます)