海洋情報部トップ > 海の情報 > 津波防災情報

津波防災情報

津波防災情報図整備区域

青森県~茨城県の太平洋沿岸 千葉県~静岡県の太平洋沿岸 愛知県~三重県の太平洋沿岸 和歌山県~高知県の太平洋沿岸 瀬戸内海 山口県~大分県の太平洋沿岸 宮崎県~鹿児島県の太平洋沿岸
第二管区
青森県
岩手県
宮城県
福島県


津波防災情報図の一例

 海上保安庁では、将来発生が懸念される東海地震、東南海・南海地震、南海トラフの巨大地震などの断層モデル(津波断層モデル) を対象として津波シミュレーションを実施し、海域における津波の挙動を示した津波防災情報とこれをまとめた津波防災情報図を整備しています。


 津波防災情報は、津波来襲における迅速な救助活動及び船舶交通の安全確保を図るなど海上保安庁の津波防災対策に利用するだけではなく、 主要港湾の港湾関係者・海事関係者等からなる津波対策協議会などへも提供して主要港湾の防災対策にも利用されています。 また、情報をとりまとめた津波防災情報図を広くインターネットで公開することにより、様々な津波防災対策に寄与しています。


※津波防災情報図とは

 津波防災情報図とは、津波による水位変化や最大流速が示された進入図引潮図、 任意の地点における津波高や津波の流向・流速の時間変化をグラフで示した経時変化図 及び時々刻々と変化する津波の挙動を示した津波アニメーションの3種類の図(データ)を一組とした図です。


利用上の注意

  • 最新の津波防災情報図の使用
    津波防災情報図は、地形データ、震源モデル、津波シミュレーションプログラムの改良等にあわせて随時更新し、最新維持を図っておりますので、 必要とする海域のページを確認し、最新の津波防災情報図をダウンロードしてご使用下さい。
  • 津波防災情報図利用の手引き」の確認
    津波防災情報図は海域での津波の挙動を把握するための情報図です。陸上の津波ハザードマップとは津波の高さの基準や地殻変動量の取り扱い方法、 表現の形式などが異なりますので、津波防災情報図をご利用の前に、 必ず「津波防災情報図利用の手引き」をお読みください。

津波防災情報図利用の手引き

※実際に発生する津波は、震源の位置・規模・細かな地形などの影響により、津波シミュレーションの結果よりも大きく/小さくなることがありますので、 この点を考慮して目的に応じた適切な情報の取り扱いをお願いします。


シミュレーション条件・図の見方については、こちらをご覧ください。



リンク


内閣府防災担当(中央防災会議事務局)

国土交通省水管理・国土保全局海岸室:「津波浸水想定の設定の手引き」を策定しています。