津波シミュレーションマップ

内閣府中央防災会議「南海トラフの巨大地震モデル検討会(第二次報告)」 (平成24年8月29日発表)のモデルを使用した管内海域における津波を表現したマ ップを提供(PDFによる)しています。

津波シミュレーションマップについて

津波シミュレーションマップは、主に下記4図からなっています。

津波到達時間
地震発生から津波による水位上昇が+10cmに達するまでの時間(分)を線で表現したマップ
最高水位
計算時間内(12時間)に出現する津波による最高の水位(m)を色別に表現したマップ
最大流速
計算時間内(12時間)に出現する津波による水流の最大流速(ノット)を色別に表現したマップ
流速2ノット到達時間
地震発生から津波による流速が2ノットに達するまでの時間(分)を色別に表現したマップ

注)最大流速及び流速2ノット到達時間の各マップは、津波が進入した時の計算結果を表現したものです。

注意事項

使用した南海トラフ巨大地震モデルについて

内閣府中央防災会議「南海トラフの巨大地震モデル検討会(第二次報告)」(平成24年 8月29日発表)のモデルを使用しています。 シミュレーションマップ図中において、

  • C-3 は、「紀伊半島沖~四国沖」に「大すべり域+超大すべり域」を設定
  • C-4 は、「四国沖」に「大すべり域+超大すべり域」を設定
  • C-5 は、「四国沖~九州沖」に「大すべり域+超大すべり域」を設定
  • C-10は、「三重県南部沖~徳島県沖」と「足摺岬沖」に「大すべり域+超大すべり域」を2箇所設定

をもとに,シミュレーションを行ったものです.

なお、各マップで使用したモデルは、内閣府中央防災会議より公表された11ケースの 中から、各マップの区域において、浸水面積が最大となるモデルを選定しています。

流速2ノット(約3.7km/h)について

一般の船舶は港湾内での速力はおよそ10ノット(約18.5km/h)程度です。 津波による2ノット(船速10ノットの5分の1の流速)以上の急激な水流を受 けた場合、船舶は流されたり、舵が効かなくなったりして安定した操船が できなくなる可能性があります。
【参考: 水産庁:災害に強い漁業地域づくりガイドライン (平成24年3月)【DATA ● GO.JP データカタログサイト】

更新等について

本マップは、ニーズに応じて形式や種類を変更しています。 ついては予告なしで更新をすることがありますのでご了承下さい。

津波防災リンク