本文へスキップ

津波シミュレーションマップ

南海トラフ巨大地震モデル ※1

大阪湾、友ヶ島水道・鳴門海峡・徳島県沖、兵庫県西部沖、和歌山県北西部沖、和歌山県南部沖、高知県沖の津波到達時間、最高水位、最大流速、流速2ノット到達時間のマップ(PDF形式)を掲載しています。

第五管区海上保安本部海洋情報部

シミュレーションエリア

大阪湾・友ヶ島水道エリア

大阪湾広域、阪神港神戸区、大阪区、堺泉北区、阪南港・泉州港、洲本港・友ヶ島水道、深日・加太港

大阪湾・友ヶ島水道エリア

鳴門海峡・徳島県沖エリア

福良港、徳島小松島港、橘・富岡港、日和佐港

鳴門海峡、徳島県沖エリア

兵庫県西部沖エリア

赤穂・相生港、姫路港、家島付近、東播磨港

兵庫県西部沖エリア

和歌山県北西部沖エリア

和歌山下津港和歌山区、下津区、湯浅広港、日高・由良港

和歌山県北西部沖エリア

和歌山県南部沖エリア

田辺港、串本港付近、新宮・紀伊勝浦港

和歌山県南部部沖エリア

高知県沖エリア

高知港、須崎港、土佐清水港、宿毛湾北東部

高知県沖エリア

津波シミュレーションマップについて

内閣府中央防災会議が発表した南海トラフ巨大地震モデルを使用した海域の津波シミュレーションデータから和歌山県〜兵庫県、徳島県〜高知県の太平洋沿岸の海域における津波を表現したマップを作製しました。

津波到達時間

地震発生から津波による水位上昇が+10cmに達するまでの時間(分)を線で表現したマップ

最高水位

計算時間内(12時間)に出現する津波による最高の水位(m)を色別に表現したマップ

最大流速

計算時間内(12時間)に出現する津波による水流の最大流速(ノット)を色別に表現したマップ

流速2ノット到達時間 ※2

地震発生から津波による流速が2ノットに達するまでの時間(分)を色別に表現したマップ


※1 使用した南海トラフ巨大地震モデルについて

内閣府中央防災会議「南海トラフの巨大地震モデル検討会」(平成24年8月29日発表)のモデルを使用
C-3 は、「紀伊半島沖〜四国沖」に「大すべり域+超大すべり域」を設定したもの
C-4 は、「四国沖」に「大すべり域+超大すべり域」を設定したもの
C-5 は、「四国沖〜九州沖」に「大すべり域+超大すべり域」を設定したもの
C-8 は、「駿河湾〜愛知県東部沖」と「三重県南部沖〜徳島県沖」に「大すべり域+超大すべり域」を2箇所設定したもの
C-10は、「三重県南部沖〜徳島県沖」と「足摺岬沖」に「大すべり域+超大すべり域」を2箇所設定したもの
各マップで使用したモデルは、内閣府中央防災会議より公表された11ケースの中から、各マップの区域において、浸水面積が最大となるモデルを選定

※2 流速2ノット(約3.7km/h)について

一般の船舶は港湾内での速力はおよそ10ノット(約18.5km/h)程度です。津波による2ノット(船速10ノットの5分の1の流速)以上の急激な水流を受けた場合、船舶は流されたり、舵が効かなくなったりして安定した操船ができなくなる可能性があります。

・ファイルはすべてPDF形式となっています。印刷する際はプリンターの用紙設定などにご注意ください。
・PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、下記リンク先から無料ダウンロードしてください。
Adobe Readerのダウンロードページへ

津波シミュレーションマップに関しては、ニーズに応じて形式や種類を柔軟に変更しておりますので、マップは予告なしで更新することがあります。

この津波シミュレーションマップに対するお問い合わせは第五管区海の相談室までご連絡ください。
お問い合わせ先 電話 078-391-1299(直通)
フォームでのお問い合わせ