海洋情報部トップ >海洋情報部の取り組み>航海安全を支える情報の提供

航海安全を支える情報の提供

海図作製風景

海図

 各海域、港湾の航路、航法など航行安全情報や、各地の港湾で実施した測量の成果や海潮流の観測成果などの資料を使用して航行安全情報等を図化し記載すると共に、水深のみならず航海の目標となる岬などの海岸地形や海岸の構造物、灯台などの航路標識の配置などを国際的に決められた記号や表現方法に基づき編集し、図の縮尺や区域も航海者の利用しやすいように設定して、正確で使いやすい海図を作製しています。

表示例

電子海図

 船舶の安全で効率的な運航を支えるため、海図情報を電子化し航海用電子海図を刊行しています。
 また、海岸線や水深など状況の変化にあわせて航海用電子海図の内容を更新するための「電子水路通報」をインターネットなどで提供しています。

船舶交通安全情報(航行警報・水路通報)

 船舶交通の安全のために必要な航路標識の新設、海上演習などの情報を、水路通報として、また、緊急に周知する必要がある情報については、NAVAREA XI航行警報、NAVTEX航行警報、日本航行警報及び地域航行警報として提供しています。

   海図の最新維持

  海図の内容は船舶の安全確保のため常に最新の状態に維持しなければなりません。
  海図の記載内容に変化があった場合は、その部分を周知(水路通報)し、修正を行います。

刊行書誌

水路書誌

 海図とともに使用する、航海の安全を支える情報誌です。
 航路、航法、港湾施設などに関する事項や水路測量、潮汐・潮流の観測などの成果をとりまとめ刊行しています。

海流図

海洋速報&海流推測図

 日本の近海を流れる黒潮は、流速が速く(3~4ノット程度)、船舶交通や漁業等の海洋活動に大きな影響を与えます。
 海洋速報では、この黒潮流路についての情報を毎日提供しており、その情報は船舶の経済的な運航のためにも利用されています。
 海流推測図は海洋速報が発行されない日において、日本近海の主要な海流の位置を推測します。

潮位表示例

リアルタイム験潮データ

 全国20カ所の験潮所で得られる潮汐データは、インターネットでリアルタイム提供しています。

潮汐の推算潮汐曲線

潮汐の推算

 潮汐について日本全国数百カ所における推算値をインターネットで提供してます。

潮流の推算潮流推算図

潮流の推算

 潮流については東京湾、伊勢湾、瀬戸内海において任意の日時(西暦元年~2100年)の潮流を推算し、提供しています。

海氷速報図

海氷情報センター

 漁船などの船舶は流氷に囲まれると身動きがとれなくなるので、流氷の情報が欠かせません。
 毎年12月に第一管区海上保安本部では「海氷情報センター」を開設して、オホーツク海の流氷に関する情報(海氷速報)を、毎日、インターネットとファックスで提供しています。