海図

海洋情報部トップ  > 航海情報 >海図
航海用海図、水路誌など航海の必需品
測量・観測から編集、刊行まで磨かれた技術の結集

編集室風景  海上保安庁は、船舶が安全で効率的な航海ができるための海図を作っています。 海図は、船舶の航海の目標となる岬などの海岸地形や灯台などの航路標識の配置 などから海図の包含区域、縮尺を検討して編集・作成されます。 海図の編集は、測量成果、海潮流の観測成果などの資料を基にして国際的にきめ られた記号や表現法に基づき、正確でしかも使いやすいように行われます。 最近では、海図の編集・作成にコンピュータを利用して行われています。

海図には航海に必要な水深、灯台の位置、海潮流の速さや方向などが詳しく記載され、 航海者にとっては欠くことのできないものです。 このため、ごく一部の小型船舶などを除く全ての船舶に対して、海図を備え付けるこ とが義務づけられています。



海の図いろいろ
  1. 航海用海図(Nautical Charts)
     水深、底質、沿岸の地形、灯台や顕著な目標など航海に必要な情報を図上 に表しています。航海する海域に応じて下記の種類の海図があります

    総図
    総図(General Chart)
    きわめて広大な海域を収めたもので、1/400万よりも小縮尺のものをいいます。 本海図は長途の航海に使用され、主として航海計画立案用に用いられます。

    航洋図
    航洋図(Sailing Chart)
    長途の航海に用いられ、沖合の水深、主要灯台の位置等が図示してあり、 縮尺1/100万〜1/400万分のものをいいます。日本近海は1/120万、 1/250万で包含しています。

    航海図
    航海図(General Chart of Coast)
    陸地を視界に保って航行する場合に使用され、船位は陸上物標により決定できる ように表現されている。縮尺は1/30万〜1/100万です。 日本領土沿岸は、縮尺1/50万の図でカバーされています。

    海岸図
    海岸図(Coast Chart)
    沿岸航海に使用するもので、その沿岸の地形が細部にわたって詳しく描かれてあり、 縮尺は1/5万〜1/30万の図です。日本沿岸は、ほとんど1/20万または 1/25万の図でカバーされています。

    港泊図
    港泊図(Harbour Plan)
    縮尺は1/5万より大尺で、港湾、泊地、錨地、漁港、水道そして瀬戸 のような小区域を詳細に描いた海図です。

  2. 水路特殊図
     航海や海洋の利用・開発等の参考となる図で下記のような種類の図があります。

    海流図(Current Chart)
    海流の状況を月別に表した図です。

    潮流図(TidalStream Chart)
    潮流・潮汐曲線及び潮流の春秋大潮期における平均の流向・流速を時刻別に表示 した図集である。東京湾、大阪湾をはじめ潮流の激しい海峡・瀬戸・水道・灘などの 主要海域について13版を刊行しています。

    大圏航法図(Gnomonic Chart for Facilitating Great Circle Sailing)
    地球上の2地点間の最短距離及び航路を求めるためのもので、心射図法(大圏図法) で作成されている。この図上で求めた位置を海図上に転記することにより、2地点間の 航路上の針路が求められる。次の3図を刊行しています。
    • 第6006号 北太平洋大圏航法図
    • 第6008号 インド洋大圏航法図
    • 第6013号 南太平洋大圏航法図

  3. 海の基本図
    海上保安庁では日本周辺の大陸棚について開発に必要な基礎資料を提供するために、 必要な海洋調査を実施し、海底地形図、海底地質構造図、地磁気全磁力図及び重力異常図 の4図を一組とする大陸棚の海の基本図(Basic Map of the Sea in Continental Shelf Areas)を刊行しています。
    詳しくは海の基本図ページをご参照ください。

  4. 航空図(Aeronautical Chart)
    海上保安庁では国際民間航空機関(International Civil Aviation Organization: ICAO)の基準に基づいた「1/100万国際航空図」及び ICAO基準に準じた「1/100万国内航空図」、「1/50万国内航空図」を刊行しています。
    航空図には、設定された航空路、航空施設、航空目標および航法上必要な諸事項が記載 されています。

  5. 電子海図
    従来の航海用海図をコンピュータによって表示するためにデジタル化された 海図です。デジタル化のフォーマットは、国際水路機関 (International Hydrographic Organization:IHO) によって標準化され、そのフォーマット基準が定められています。 デジタル化の方法には海図を画像として作成する「ラスター方式」 と、海図の座標(緯度、経度)を数値化して作成する「ベクター方式」があります。
     ベクター方式は「航海用電子海図(Electronic Navigational Chart:ENC)」 と呼ばれ、日本ではベクター方式によって作成しています。日本における電子海図の開発 状況は、 電子海図ホームページをご参照ください。
     一方ラスター方式の海図は、「ラスター航海用電子海図(Raster Navigational Charts: RNC)」と呼ばれ、英国、米国等から提供されています。


補正図

海図の最新維持

 海図の内容は船舶の安全確保のために常に最新の状態に維持されています。 海図の最新情報は、毎週発行される水路通報により利用者に提供されています。 右図は、水路通報に添付される海図の一部分で補正図といいます。 補正図は利用者が対応する海図に張り込んで海図を最新に維持するためのものです。
 また、海上保安庁は、定期的に海図を最新の内容に維持して改版を行っています。



[Home] [Previous]

更新日