海洋情報部トップ > 海の情報 > 津波防災情報 >

津波防災情報

ご覧になりたい区域をリストから選択、もしくは地図中の港湾名をクリックしてください。

ご利用にあたっては「津波防災情報図利用の手引き」を必ずお読みください。

 
南海トラフ巨大地震

南海トラフ巨大地震の断層モデル範囲

2012年に内閣府から発表された南海トラフの巨大地震モデル検討会(第二次報告)(平成24年8月29日発表)の断層モデルを使用し、 東京湾・伊勢湾・大阪湾等の主要湾を中心にシミュレーションを実施しています。


東南海・南海地震

東南海・南海地震の断層モデル範囲

2003年に中央防災会議「東南海・南海地震等に関する専門調査会」で公表された断層モデルを使用し、 愛知県から兵庫県、また高知県までの主要な港湾にてシミュレーションを実施しています。


東海地震

東海地震の断層モデル範囲

2001年に中央防災会議「東海地震に関する専門調査会」で公表された断層モデルを使用し、神奈川県から静岡県の主要な港湾にてシミュレーションを実施しています。


首都直下地震

首都直下地震の断層モデル範囲

2013年に中央防災会議「首都直下地震対策検討ワーキンググループ」が公表した断層モデルを使用し、関東~東北南部までの主要な港湾にてシミュレーションを実施しています。


東北地方太平洋沖地震

2012年に内閣府「南海トラフ巨大地震モデル検討会」で公表された、2011年に発生した東北地方太平洋沖地震の地震モデルです。千葉県以北の太平洋沿岸の地域の主要な港湾にてシミュレーションを実施しています。


※シミュレーション結果は、震源の位置・規模・細かな地形などの影響により、実際に発生する津波よりも大きく/小さくなることがあります。

※図の説明は、こちらをご覧ください。



リンク


内閣府防災担当(中央防災会議事務局)

国土交通省水管理・国土保全局海岸室:「津波浸水想定の設定の手引き」を策定しています。