組織

下里水路観測所は、第五管区海上保安本部の組織の一つです。
 船舶の航行に必要な情報を集めるため、設立当時は地磁気観測や天体観測を行って参りました。昭和57年(1982)から現在にわたり人工衛星レーザー測距(SLR:Satellite Laser Ranging)観測を行うことで、海図の作成に必要な観測データの取得に努めています。


☆下里水路観測所☆☆下里の位置☆



沿革

昭和19年 地磁気定点観測のため
紀伊勝浦観測所設置
昭和23年8月6日 海上保安庁直轄の事務所となり、
名称を勝浦水路観測所と改称
昭和24年5月 神戸海上保安本部所属の事務所となる
昭和27年4月 天文観測業務を開始
昭和29年2月25日 下里水路観測所を新設し、
地磁気観測業務を下里に移転
昭和34年4月1日 天文観測業務を下里に移転し、
勝浦水路観測所を廃止
昭和53年3月 地磁気観測業務を八丈島に移転
昭和55年12月5日 庁舎新築竣工
昭和57年4月1日 人工衛星レーザー測距装置による
測地観測業務を開始
平成20年3月 天文観測業務を終了