航海安全情報

第五管区海上保安本部では、航海安全のための情報として「五管区水路通報」、「地域航行警報」等を提供しています。

五管区水路通報【原則毎週金曜日更新】

第五管区海上保安本部では、大阪府・兵庫県(日本海側を除く)・和歌山県・ 徳島県・高知県の沿岸及びその周辺海域における船舶交通の安全及び能率的な 運航のための各種情報を、「五管区水路通報」として取りまとめ、週1回、原則 として金曜日に提供しています。(日本語版のみ)

地域航行警報

五管本部では、海上保安本部の管轄区域及びそれらの付近を航行する船舶の安全のために、 緊急に周知する必要のある情報を「五管区地域航行警報」として、海岸局からの無線電話(VHF) 及びインターネットホームページにより、日本語及び必要に応じ英語でも提供しています。

各種情報提供

現在有効な訓練情報、工事情報などが掲載されています。 (水路通報は、閲覧時から概ね過去2ヶ月以内に通報された情報 のみ掲載しています。)

米軍・防衛省・海上保安庁が実施する射撃訓練等について掲載しています。

和歌山、大阪、兵庫(瀬戸内海)、徳島、高知各府県の沿岸に設置される漁具の概位を記載しています。

第五管区海上保安本部管内のNHKラジオ第1放送に船舶交通の安全のための情報を提供しています。

灯台などで観測した風向、風速、波高などの局地的な気象・海翔の現況、 海上模様が把握できるライブカメラなどの海の安全情報をリアルタイムに提供しています。

水路業務法第19条第1項に基づく通報について

港湾の修築や埋め立て、護岸工事など海岸線に変化を及ぼす工事は、 船舶の安全運行に多大な影響を与えるほか航海に必要な目標に大きな変化を与えることから、 法律により海上保安庁長官への通報が義務づけられています。
詳しくはこちら

重要事項の報告について

航行の安全上重要な事項、例えば、海図に無い浅瀬や水中障害物の存在、木材などの航行に支障となる 漂流物、灯台や灯浮標など航路標識の障害(消灯、不存在)等を発見されたときや現在刊行している海図、 水路誌等の内容と現状とが異なる箇所を発見されたときは、報告様式により 速やかに下記又は最寄の 海上保安官署に連絡してください。

海上保安庁 海洋情報部 航海情報課 水路通報室
〒100-8932 東京都千代田区霞が関3-1-1
電話:03-3595-3647
FAX:03-3595-3571

報告様式はこちら