海氷情報センター開設50年記念講演会・パネル展示 の実施について海氷情報センター開設50年logo


 第一管区海上保安本部では、オホーツク海やその周辺海域で海氷が発生する海域を航行する船舶の海氷海難を防止するため、例年12月20日頃に「海氷情報センター」を設置して海氷の分布状況を集約、分析・整理して海氷情報として船舶等に提供しています。
 海氷情報センターは、昭和45年(1970年)3月に択捉島の単冠(ひとかっぷ)湾にて発生した漁船の集団海氷海難を契機に同年12月に開設されたもので、今シーズンで50年目を迎えます。これを記念して下記のとおり講演会・パネル展示を開催することとしました。
 ※注:海氷とは、海氷が凍結してできた氷。海上における氷の総称。その移動性、あるいは生成場所によって定着氷と流氷、または沿岸結氷と流氷に分けられる。詳細は【海氷の知識】に解説があります。

■日 時 令和元年12月11日(水)   14時30分〜16時50分
■場 所 北海道大学学術交流会館
(住所:札幌市北区北8条西5丁目)
JR札幌駅より徒歩約7分、 地下鉄北12条駅より徒歩約7分
※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。
講演会:講堂
パネル展示:ホール
■主 催 第一管区海上保安本部
■共 催 一般財団法人日本水路協会
■プログラム
 開会の挨拶 14:30 〜 14:35
 基調講演 14:35 〜 15:00
「海氷情報センターのあゆみ 〜これまでの海氷観測を振り返って〜」
    第一管区海上保安本部海洋情報部長  小西 直樹
 特別講演
    T  15:00 〜 15:30
「海洋情報提供の新時代 −海洋状況表示システム”海しる”−」
         海上保安庁海洋情報部長   加藤 幸弘
  休   憩    
    U  15:45 〜 16:15
「北太平洋の海洋循環・物質循環を駆動するオホーツク海」
         国立大学法人北海道大学低温科学研究所   教授   大島 慶一郎
    V  16:15 〜 16:45
「宇宙から見た海氷観測」
         国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
         第一宇宙技術部門    衛星利用運用センター長    平林 毅
 閉会の挨拶 16:45 〜 16:50
■パネル展示 海氷関係のパネル展示
■申込み
 定員300名、入場無料、申込制、先着順(どなたでも聴講いただけます)
 下記のいずれかの連絡先まで、お住まいの市町村、氏名、職業、電話またはメールアドレスをお知らせください。
     申込先:第一管区海上保安本部海洋情報部内事務局
     tel: 0134 - 27 - 0118 (ex:2513)
     fax: 0134 - 27 - 6190
     internet : 海の相談室お問い合わせフォーム  【こちら】 からお申し込みください
 ※当日でもお席があれば聴講可能ですが、なるべく事前にお申し込みください。
リーフレット (PDFファイル 約1.3MB)

 下の画像をクリックすると大きな画像が開きます
海氷情報センター開設50年記念講演会・展示会ポスター1 海氷情報センター開設50年記念講演会・展示会ポスター2