海洋情報部トップ > 海洋情報部について>海洋情報部のあゆみ(沿革)

海 洋 情 報 部 の あ ゆ み(沿革)

海洋情報の業務は明治4年に始まり、翌明治5年に「釜石港」の海図を創刊して以来140年余りになります。
1号海図 陸中国釜石港之図

海 洋 情 報 部 の あ ゆ み

 1871年 明治 4年 9月12日  旧暦 7月28日  兵部省海軍部水路局  築地・兵学寮内
 1872年 明治 5年 4月 5日  旧暦 2月28日  海軍省水路局  
   〃    11月13日  旧暦10月13日  海軍省水路寮  
 1872年 明治 5年      海図第一号刊行
 1876年 明治 9年 9月 1日    海軍省水路局  
 1886年 明治19年 1月29日    海軍水路部  海軍大臣に属する機関(海軍省外局)となる
 1888年 明治21年 6月27日    水路部  海軍の冠称を廃し水路部と改称
 1910年 明治43年12月16日      築地海軍用地に水路部庁舎完成、これに移転
 1921年 大正10年 6月      国際水路局IHB(現国際水路機関IHO)に加盟
 1923年 大正12年 9月 1日      関東大震災のため庁舎・測器・資料の大半焼失
 1925年 大正14年      音響測深開始
 1938年 昭和13年      海流観測開始
 1945年 昭和20年 3月10日      大空襲により施設の大半を焼失
 1945年 昭和20年11月29日    水路部  運輸省外局となる
 1948年 昭和23年 5月 1日    海上保安庁水路局  海上保安庁は運輸省外局となる
 1949年 昭和24年 6月 1日    海上保安庁水路部  
 1950年 昭和25年 7月16日      水路業務法施行
 1953年 昭和28年      電磁式自記海流計GEKの実用化
 1965年 昭和40年      国際黒潮共同調査CSK開始              海洋資料センター(現日本海洋データセンターJODC)設置
 1969年 昭和44年      潜水調査船「しんかい」による調査開始
 1983年 昭和58年      大陸棚調査開始
 1984年 昭和59年      測量船「拓洋」世界最深部を調査、確定(10924m)
 1985年 平成7年      海底活断層調査開始
 1998年 平成10年      海域火山調査開始
 2000年 平成12年      海底地殻変動観測開始
 2002年 平成14年 4月 1日    海上保安庁海洋情報部  
 2003年 平成15年      環境保全調査(海の再生)開始
 2008年 平成20年      領海・EEZ調査開始
 2011年 平成23年12月12日      中央区築地から江東区青海に庁舎を移転

水路記念日について

日本が独自で海図作製をするために、明治4年(1871年)9月12日に海洋情報業務の前身である兵部省海軍部水路局を設置しました。この日を記念して水路記念日が制定されました。