海洋情報部トップ >海洋情報部について >海洋情報資料館

海洋情報資料館

入り口
館内(1)
館内(2)
館内(3)

海洋情報資料館の公開


海洋情報資料館の入館について (令和3年4月14日 現在)
 新型コロナウイルス感染症への対応に伴い、予約制での入館としております。
 当面の間、感染拡大防止のための下記の対策をとる対応としていますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

【開館日・入館時間】
 毎週 日・月・水・金曜日 午前10時30分から午後4時00分まで
(休館日:火・木・土曜日、年末年始)


【入館に際して皆様にお願い】
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご入館の皆様には次のとおりお願いいたします。
 (1)入館にあたってはホームページの問い合わせフォームによる予約制とします。
     問い合わせフォームから、必要事項とご用件を記入して送信してください。
     返信まで数日かかることがありますので、ご了承願います。
 (2)軽度でも発熱または風邪症状のある方、体調不良の方のご利用はお断りします。
 (3)飛沫感染を防ぐためにマスクの着用と咳エチケットにご協力いただきます。
 (4)入口に設置している消毒液で手指の消毒をしてください。
 (5)密集、密接を避けるため入館者数を3名までに制限させていただきます。
 (6)「短時間」でのご利用にご協力ください。


海洋情報資料館について
 海洋情報部は明治4年(1871年)の創設以来、航海の安全に必要な海図や潮汐表などを提供するとともに、近年では、海洋環境、地震、津波などに関する社会ニーズに対応し、多種多様な調査・研究を行い、さまざまな海洋に関する情報を提供しています。
 海洋情報資料館には、デジタル機器やコンピューターがなかったころ、どのようにして海の深さや流れ、満ち潮・引き潮を推算していたかなど、当時の海洋調査や海の測量を知ることのできる機器、日本で最初に作られた海図や伊能図模写図などを展示しているほか、最新の海洋情報業務を紹介するパネルを展示しています。
 このほか、「海図アーカイブ」所蔵目録にあります各種資料の画像閲覧ができますので、どうぞお立ち寄り下さい。


  住所   〒135-0064 東京都江東区青海2-5-18(周辺地図)
  電話番号 03-5500-7155

 ※郵便物等の受け取りは行っておりません。

 ※五海洋会館へご用の方は、事前に「03-3595-3601」まで
  ご連絡をお願いします。



海図アーカイブ(古い海図等の画像と目録)

明治初期の海図を作り始めたころから資料を中心に歴史的資料を紹介したページです。


海図第1号釜石港(明治5年刊行)

日本最初の明治5年に刊行された海図です。


海洋情報部の沿革

明治4年の創設以来海洋情報部の歩んできた道を簡単に紹介しています。