海洋情報部トップ > 海の情報 > 天文・暦情報 > 「天測暦」等の廃刊について
 

「天測暦」等の廃刊について


 海上保安庁が刊行している「天測暦」と「天測略暦」は、天文航法で船位を測定
するために使用する刊行物として、太陽や月の毎日の位置、港別の日出没時刻などを
掲載して毎年刊行してきました。
 近年、GPS等の衛星航法が普及することにより、国際条約等で船舶への備置の
必要が無くなったことから、「天測暦」及び「天測略暦」は現在刊行中の令和4年
版を最後に廃刊することとしました。また、天測暦等の廃版に併せて、「天測計
算表」及び「天測位置決定用図」も令和4年末をもって廃刊とします。
 航海の目的で天測計算を行う必要がある場合には英国等が刊行している天測暦(
The Nautical Almanac)を活用していただくようお願いいたします。それ以外で、
天体の情報が必要な場合には、国立天文台のホームページを参照していただくよう
お願いいたします。
 不明な点等ございましたら、海洋情報部 情報利用推進課までお問い合わせくだ
さい。問い合わせフォーム