海洋情報部トップ > 海の情報 > 海域火山データベース > 伊豆東部火山群

海域火山データベース

伊豆東部火山群
Izu-Tobu Volcano Group
最終更新日 2018.2.14

位置

緯度
経度
標高・水深
点名
出典
34° 59.6'N
139° 07.8'E
-81m
手石海丘(最浅部)
1989年海上保安庁測量 世界測地系

火山の概要
(日本周辺海域火山通覧より)

伊豆東部火山群(手石海丘)
概位
35°00'N 139°08'E
海図
W1078
海の基本図
63621
伊豆半島東部地域に密集する玄武岩~デイサイト質の多数の砕屑丘,溶岩流,溶岩円頂丘などと,その東方海域に密集する多数の海底火山からなる火山群.伊豆半島東方海域では,過去度々群発地震が発生し,1989年には群発地震,微動とともに伊東市沖の手石海丘(34°59.6'N,139°07.8'E)で海底火山噴火があった.これは,伊豆東部火山群として有史以来初めての噴火である. 水路部測量船「拓洋」による手石海丘の噴火の観測では,水柱が断続的に上がり,その高さは最大で海面から113mに達した. 手石海丘は,この噴火で誕生した新しい火山で,直径450m,高さ約10m,最浅地点の水深81m,火口の直径約200m,火口の最深水深122mのマールである.

日本火山学会発行第四紀火山カタログより 火山名が完全に一致する場合のみ表示
火山名
概要
火山地形
年代
伊豆東部火山群
溶岩+火砕流+降下テフラ+ラハール溶岩+降下テフラ 陸上部分の火山75個 海底部分の火山51個
PC+LD+MA+LF+PF+SL
陸上の単成火山は15万年前から現在(14枚の外来テフラとの層位関係より推定).
1989年7月伊東市沖で海底噴火,手石海丘形成
火山地形略記号の説明
LF:溶岩流 PC:火砕丘 CA:カルデラ SC:成層火山(急斜面) SL:成層火山(緩斜面) LC:溶岩丘 LD:溶岩ドーム MA:マール PF:火砕流台地 MK:火山岩頚 RP:火山性裾野・扇状地

有史以来の概略活動記録

(日本周辺海域火山通覧及び海域火山データベース活動記録より抜粋)
火山名
年月日
活動記録
伊豆東部火山群(手石海丘)
1993年(平成5年)5月
地震群発.以後ほぼ毎年地震群発
伊豆東部火山群(手石海丘)
1989年(平成元年)7月13日
伊東沖の手石海丘で海底噴火
伊豆東部火山群(手石海丘)
1989年(平成元年)7月11日
微動
伊豆東部火山群(手石海丘)
1989年(平成元年)6月30日
群発地震開始
伊豆東部火山群(手石海丘)
1978(昭和53年)~1989年(平成元年)
しばしば地震群発
伊豆東部火山群(手石海丘)
1930年(昭和5年)
地震群発(伊東沖)
伊豆東部火山群(手石海丘)
1870年(明治3年)
震群発

画像コンテンツ

掲載している資料は、出典を明記してご利用ください.
海底地形図
鳥瞰図1
鳥瞰図2

火山活動写真

海上保安庁が撮影した写真については出所明記でお願いします.

1989年噴火の火山活動写真

ファイルサイズの大きい画像ファイルは、“右クリック”+“対象をファイルに保存” でご利用下さい。
記事
写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
1989年7月13日 18:39頃

測量中に噴火活動に遭遇.

18:39:57 2回目噴火
持続時間 約25秒間
最大高約18m 幅約51m

海上保安庁撮影

2回目噴火 1
噴火の衝撃による白波
【8.32MB】

2回目噴火 2

【8.27MB】

2回目噴火 3
18:39:57撮影
【8.22MB】

2回目噴火 4

【7.97MB】

2回目噴火 5

【8.36MB】
1989年7月13日 18:40頃

測量中に噴火活動に遭遇.

18:40:40 3回目噴火
持続時間 約15秒間

海上保安庁撮影

2回目噴火 6

【8.22MB】

2回目噴火 7

【6.96MB】

2回目噴火 8

【8.09MB】

2回目噴火 9

【7.96MB】

3回目噴火 1
18:40:40撮影
【7.13MB】
1989年7月13日
18:41頃及び18:43頃

測量中に噴火活動に遭遇.

18:41:25 4回目噴火
持続時間 約25秒間
最大高約113m 幅約231m

18:43:37 5回目噴火
持続時間 約20秒間
最大高約36m 幅約92m

海上保安庁撮影

3回目噴火 2

【7.87MB】

4回目噴火 1
18:41:28撮影
【7.61MB】

4回目噴火 2
18:41:30撮影
【7.38MB】

4回目噴火 3
18:41:37撮影
【7.79MB】

5回目噴火
18:43:40撮影
【9.02MB】

火山活動動画

海上保安庁が撮影した動画については出所明記でお願いします.
1989年7月13日

手石海丘の海底噴火
ウォータードーム・噴煙柱が現れる
海上保安庁 撮影
1989年7月13日

測量船「拓洋」から見た手石海丘

海上保安庁 撮影
1989年7月13日

噴煙が崩壊後、ベースサージ発生

海上保安庁 撮影

「伊豆東部火山群」活動記録

年月日
時間
記事
観測機関
2019/ 1/30
12:07-12:15
手石海丘付近に変色水域等の特異事象は認められなかった。
伊豆熱川の海岸線に黄褐色の変色水域が幅約50m、長さ約100mで分布していた。
片瀬の白田川北方に薄い黄緑色の変色水域が幅約50m、長さ約200mで、南方の防波堤付近に薄い黄緑色の変色水域が直径約20mの円形で分布していた。
河津の海岸線に黄褐色の変色水域がL字型で海岸線沿いに約250m、沖側に約300m分布していた。
海上保安庁
2018/ 3/ 3
11:19-11:24
手石海丘付近に変色水域等の特異事象は認めず。伊豆熱川の海岸線に幅200m、長さ100mで薄い褐色の変色水域が分布していた。
海上保安庁
2017/ 6/27
11:35-11:44
手石海丘付近に変色水域等の特異事象は認めず.伊豆熱川の海岸線に幅100~200m、長さ50~100mで薄い褐色の変色水域を認めた.
海上保安庁
2017/ 3/14
11:02-11:08
手石海丘付近に変色水域等の特異事象は認めず.伊豆熱川の海岸線に幅約100m、長さ約500mで薄黄緑色の変色水域を認めた.
海上保安庁
2016/12/24
11:28-11:43
手石海丘付近に変色水域等の特異事象は認めず.伊豆熱川の海岸線に幅約200m、長さ約1,500mで薄黄緑色の変色水域を認めた.
海上保安庁
2016/ 3/ 4
10:10-10:20
手石海丘付近及び熱川付近に変色水域等の特異事象は認めず.片瀬では、白田川河口の北北東約500m付近から海岸線に沿って南方向へ長さ約1.5km、幅約200mで帯状の茶褐色の変色水域を認めた.
海上保安庁
2014/10/17
11:34-11:40
手石海丘付近に変色水域等の特異事象は認めず.片瀬地区北側の海岸線に沿って、幅約100mで黄緑色の変色水域を認めた.
海上保安庁
2013/ 3/25
16:30-16:40
変色水を認めず.
海上保安庁
2012/ 8/26
15:37-15:40
変色水を認めず。
海上保安庁
2012/ 3/ 8
11:08-11:23
変色水を認めず。
海上保安庁
2011/11/17
15:10-15:15
変色水を認めず。
海上保安庁
2011/ 2/ 7
11:10-11:15
変色水を認めず。
海上保安庁
2009/12/25
15:05-15:09
変色水を認めず。
海上保安庁
2009/ 3/19
16:10-16:11
変色水を認めず。
海上保安庁
2008/ 7/21
13:33-13:35
変色水を認めず。
海上保安庁
2008/ 2/13
13:18
変色水を認めず。
海上保安庁
2007/ 7/10
10:48-10:49
変色水を認めず。
海上保安庁
2007/ 1/24
11:16-11:17
変色水を認めず。
海上保安庁
2005/ 3/ 8
10:01-10:04
変色水を認めず。
海上保安庁
2004/10/25
11:13-11:14
変色水を認めず。
海上保安庁
2003/ 3/10
 
変色水域等は認められなかった。
海上保安庁
1995/10/ 7
 
10/6~7まで自航式ブイ「マンボウ」を使用して震源域の海底地形調査を実施したが、海底地形に特異な変化は認められなかった.
※9月下旬から10月上旬にかけて伊豆半島東方沖で群発地震が発生した。
海上保安庁
1995/ 9/29
 
変色水等の異常を認めず.
※9/11から9月下旬にかけて伊豆半島東方沖で群発地震が発生した。
海上保安庁

鳥瞰図および平面図作成に使用したデータのうち、陸域部分のデータについては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平15総使、第159号)
▲ページトップへ戻る