海洋情報部トップ > 海の情報 > 海域火山データベース > 新島

海域火山データベース

新島
Niijima
最終更新日 2019.2.14

位置

緯度 経度 標高・水深 点名 出典
34°20' 40''N 139°15' 23''E 283m 丹後山(新島) 日本周辺海域火山通覧(第4版)
34°23' 49''N 139°16' 13''E 432m 宮塚山(標高点)(新島) 日本活火山総覧(第4版)

火山の概要
(日本周辺海域火山通覧より)

鵜渡根島
概位34°28'N 139°18'E 海図W51 海の基本図-
利島の南方約5kmにある成層火山(安山岩)の無人島(34°28.4'N,139°17.7'E,210m).
新島
概位34°23'N 139°16'E 海図W51 海の基本図-
東京の南西方約150kmにある南北11kmの細長い火山島で,島頂は宮塚山(34°23.8’N,139°16.2′E,432m).南部と北部に流紋岩の溶岩円頂丘群があり,北端部には玄武岩の火山礫層がわずかに分布している.噴火すれば激烈で火砕流,泥流も生じやすい.新島は式根島,地内島と共に18km×12km の南北に伸びた楕円形状の高まりの上にのり,大室ダシ,神津島,銭州等とともに銭州海嶺を形成している.南部の丹後山(283m)に対応する振幅260nTのダイポール型磁気異常が認められる.磁気異常の振幅は弱く,珪長質の山体であることを反映している.新島近海では,1957年以降しばしば群発地震が観測されている.
式根島
概位34°23'N 139°16'E 海図W51 海の基本図-
新島の西南約3kmにあり,伊豆諸島中,唯一の平低な島でその西部はやや高い頂(34°19.3'N,139°12.0'E,109m)の溶岩円頂丘(流紋岩)がある.磁気異常の分布は極めて平坦である.

日本火山学会発行第四紀火山カタログより 火山名が完全に一致する場合のみ表示
火山名 概要 火山地形 年代
新島 溶岩+降下テフラ+火砕サージ少なくとも12個の流紋岩単成火山(火砕丘+溶岩円頂丘あるいは厚い溶岩流)および1個の玄武岩単成火山(火砕サージ堆積物)からなる LD+LF+PC 数万年あるいは10万年前より噴火 阿土山840年?,向山886年
火山地形略記号の説明
LF:溶岩流 PC:火砕丘 CA:カルデラ SC:成層火山(急斜面) SL:成層火山(緩斜面) LC:溶岩丘 LD:溶岩ドーム MA:マール PF:火砕流台地 MK:火山岩頚 RP:火山性裾野・扇状地

有史以来の概略活動記録

(日本周辺海域火山通覧及び海域火山データベース活動記録より抜粋)
火山名 年月日 活動記録
新島 886年(仁和2年) 噴火.新たに1島生じたという.
新島 1988年(昭和63年)6月 島北部に変色水

画像コンテンツ

掲載している資料は、出典を明記してご利用ください.
海底地形図1 海底地形図2 鳥瞰図1 鳥瞰図2
海底地形図 鳥瞰図1 鳥瞰図2

活動写真

海上保安庁撮影の写真は出典を明記してご利用ください.
2019/1/30 12:50 2012/8/26 15:11 2011/11/15 09:31 2001/10/29 10:32-10:51 2000/10/30 10:55-11:00

新島南部
海上保安庁 撮影

新島港
海上保安庁 撮影

鼻度埼付近
海上保安庁 撮影

南側から撮影
海上保安庁 撮影

南東方向から撮影
海上保安庁 撮影
1994/3/28 11:35

宮塚山付近
海上保安庁 撮影

「新島」活動記録

▼ クリックで開閉

「式根島」活動記録

年月日 記事 観測機関
1995/07/07 御笠湾に濃い白色の変色水が認められた. 海上保安庁
1995/07/06 御笠湾に濃い白色の変色水が認められた. 海上保安庁
1995/07/05 御笠湾に濃い白色の変色水が認められた. 海上保安庁
1994/01/17 モオヤ岩付近に薄い白色の変色水が認められた. 海上保安庁

鳥瞰図および平面図作成に使用したデータのうち、陸域部分のデータについては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平15総使、第159号)